CELLINBIO-H&Bio皮膚臨床研究センター、人幹細胞培養液由来エクソソーム開発技術実施契約を締結

この度、弊社業務パートナー「CELLINBIO Co.,Ltd.」(以下、CELLINBIO)は、「H&Bio皮膚臨床研究センター」(以下、H&Bio)とエクソソーム共同研究開発及び製品商用化の為の技術実施契約を締結しました。

エクソソームは、私たちの体内で細胞間情報伝達の為に分泌されているナノサイズ(30~200nm)の小胞体で、核酸、タンパク質、脂質、低分子物質等の多様な物質を、他の細胞に運ぶ運搬体です。幹細胞培養液には0.5%配合されており、抗炎症、抗老化、細胞増殖、掻痒感の減少などの効果が学界で報告されている次世代の治療剤として期待されている素材です。

CELLINBIOは、高付加価値生物素材を開発するR&D専門企業として、長年蓄積された培養技術で幹細胞培養液の生産と製品開発を行ってきており、今回の契約を通じて幹細胞培養液からエクソソーム分離に対する技術指導及び共同研究に対する成果発表を進行します。

H&Bioは、韓国ソウル大学病院整形外科長 ホ・チャンヨン(HUH CHAN YOUNG)教授が設立したソウル大学校内ベンチャー企業として、大学病院専門臨床経験のある優秀な人材を基盤として、医薬部外品、外用剤、化粧品のみならず美容整形医療機器臨床研究に、客観性と正確性、信頼性基盤の研究を通じて多角化した皮膚適用臨床試験を実施しています。

今回の優れた機関であるH&Bioとの協業を通じて、先導的な技術力で優れた皮膚美容効果の幹細胞培養液エクソソームの素材化及びこれを活用したプレミアム製品の開発が可能となります。

今後も「Let nature do what it does best」に基づき、自然の中に存在する高付加価値生物資源/素材を発掘し、より良い成分を開発、提供できるよう努めてまいります。

*外部サイト  http://www.futurekorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=141837